天草・大矢野の釣れる意外なキス釣りのポイントは!?遠くまで行かなくても釣れる!

趣味

こんにちは、STです。

いよいよ、てかもう遅いくらいですが、キス釣りシーズンが始まっていますね!

今年こそはキスの天ぷらや刺し身・塩焼きを食べる目標を立ててる方に声を大にして伝えたいです。

キス釣りならあまり遠方にいかなくてもいいんですよ!近くでも釣れるんです!

今回は熊本でキス釣りを15年前後している筆者がプチ暴露をしていきたいと思います★

結論からお伝えすると大矢野・松島付近のポイントで十分に釣れてしまうんですね。筆者は遠くにいくのが苦手なのでだいたい近場です(笑)

それと、釣るための大前提もプチ暴露、、、ここはプチでなくていいので暴露しますね!


大矢野の野釜島は大きいキスが釣れるポイントでもある!

最初のキス釣りのタックルが長くなってしまいましたが、あれを抑えているとキス釣りでコケにくい釣果が期待できます。

熊本の天草大矢野の野釜島の八福キャンプ場の所ではなかなか型の良いキスが釣れます。

野釜島は天草四郎ミュージアムから右折していった奥の方にあり、わりと長い橋を渡っていける島です。

大矢野なので熊本市から近くはありませんがそんなに遠くもなく、そこまで疲労がたまらない感じでいけると思うのでおすすめだと思っています★

投げるポイントは図のように投げていただくといいかな~って思いますが、その時次第になるのであっちこっち投げ分けてみてください。130mぐらいまで飛ばした時の感じです。

去年は弟を釣れていったら、初めてのくせに25cmのキスを釣ってました、、、キスで25cmといえばかなりいいサイズですよ!引きも強烈だったりします。

仕掛けを遠く飛ばすことが出来ればそれだけ探れる場所が多くなってくるのでキスに出会える確率上がってきますよね?

そして、飛距離はちょい投げ軍団が届かないところに仕掛けを投入できるのでここも釣れる確率がアップするポイントです。

一度は大矢野の野釜島で釣ってみてはいかがでしょうか?筆者は実績が出てるのでおすすめさせていただきます!

弟と行った時の途中の釣果の写真です。まだデカイのが釣れて無い時に取った写真のようですw

ワンランク上のキス釣りタックル(かなり大事)で釣果を伸ばす!

「え!?道具なんて、そんな高いの揃えられい!」っていきなり拒否反応が出てしまうかもしれませんが、ここめっちゃくっちゃ大事なんです!

今のご時世ではサーフ・堤防の近場ではキス達もかなりスレていたり、そもそも近場までそんな近寄ってこなかったりするんですよね。

何を言いたいかといいますと、「飛距離を出せるタックル」がキスを釣れる確率をグンっとあげてくれるんです。それが筆者の言うワンランク上のタックル。

キス釣りにはちょっと大事なポイントの話

すこし自慢話をさせて頂くと、とある漁港で娘たちとキス釣りにいったのですが、堤防にはかなりの釣り人さん達が釣りをしていました。もちろんキス釣りをされている方もいましたよ!

筆者の好きないつもの場所があいていたのでそこに陣取って娘たちとキス釣りを開始!他の方は正直ほとんど釣れてませんでした、、、。

私はキス釣り専門なので当然本気の投げタックル。他の方たちは万能竿やちょいなげタックル。

120-140mぐらい投げて一投目より3連掛け!その後も一投毎にキスを次々と釣り上げ娘も大満足でした。

何がいいたいかと言いますと、飛距離はキス釣りにとって武器なんです!すごく大事なポイント!


そこが天草の大矢野だろうが、牛深であろうがそのポイントは変わりません!

キス釣りに大事な4つのポイント

とりあえず、この4つのポイントを抑えて道具を揃えていただくとキスが釣れる確率が格段にあがると思います。

そのポイントが下記の4つですね。

  1. 投げ釣りロッド
  2. 細いPEライン
  3. 飛距離が出やすいバランスの良い天秤
  4. 鋭利さを保てる鉤

投げ釣りロッド

ここは正直必要最低ラインの機能が揃っていれば大丈夫です!

筆者がキス釣りで使うロッドで気にしているポイントは

  • 軽くて疲れにくい
  • ライントラブルが出にくい
  • 飛ばすための基本性能が入っている

これを意識しています。

長時間するキス釣りでは重いと疲労が半端なく投げるのもキツくなってきてしまうので、軽くて扱いやすいのは結構重要ポイント。

必要最低限の機能が詰まっているおすすめのロッドは下記をおすすめしますね。店頭販売はほとんどないので注文になると思いますw

上記モデルだと筆者が気にしている飛ばすための性能(ハイパワーX)が入っており、ガイトがあっちこっち向きにくくなるガイドシステムがはいってます。

ガイドの向きが変わりにくいのは地味に大事なので隠れ重要ポイントです!ガイドがズレてるとトラブルが起きやすく、飛距離がでにくくなってしまうんです。

重さは315gと投げ竿の中では超軽量!これは疲れにくいんですよね~、おまけにロッドが柔らかいので投げた時に体にかかる負担もかなりすくないです。

このロッドであればラインと良い天秤を使えば100mは楽勝ですね!(投げるのは練習必要ですが)

重りは23号が標準です。

細いPEライン

飛距離を出すための大事な要素その2は道糸です。

ここには太くても1.0号までにしていてください。それ以上だと極端に飛距離がおちていきます。

筆者は0.6-0.8号のPEラインを使ってますよ。

筆者のおすすめPEラインはGOSENの「砂紋」がおすすめです。ずーっとこのメーカーの物を使っています。これといって弱点が感じられないのでずっと使っているんでしょうね~。

※テーパ状の力糸も使ってください!0.8に23号のおもりを直結して投げると1撃できれますw
テーパー状とは0.8-6号というような感じで糸の太さが変わっていくラインです。

投げ専用のPEラインは25m毎に色が変わっています。黄色→緑→赤→青みたいに

おすすめは拙者の投釣りの「拙者の黒糸」がコスパがいいのでいつもそれを使っています。

飛距離が出やすいバランスの良い天秤

ここも結構キス釣りでは大事なポイントです。

投げた時に飛行姿勢を保ってくれるものがいいですね。理由としては安いバランスの悪い重りが食っていていると空中でフラフラして仕掛けがからむからです。

絡むと釣りどころではなくなってしまいますからw

上記のロッドを購入されるのであれば23号が標準なので23号で、おすすめは多点掛けがしやすい「固定天秤」がいいと思いますよ!

ジェット天秤はおすすめしませんw なぜならば強度があまりにもなさすぎるのですぐに曲がったりしてしまいます。

鋭利さを保てる鉤

正直、FUSSO加工してあるキス釣り鉤がいいです。掛かりが抜群なのでバラス率がすくなくなるのと仕掛けチェンジの手間が少なくなります。

最初はセット品で、なれてきたら50連結鉤が扱いやすいかな!

ささめ針 アスリートキス 3本 遠投モデル 鈎7号 ハリス1号 K-151

好きな針の本数にして使用することができます★

50連結を使用するときには砂ずり糸が必要になるのでご準備を!自分で2本撚り糸を作っても全然OKです。筆者は2本撚り糸を自分で作ってやってます★

 

まとめ

熊本の大矢野でキス釣りが出来るポイントのご紹介でした。大矢野は大矢野でも野釜島の方を紹介させていただきました。

なぜならば、釣果がちゃんと出ているからです!大きいサイズのキスからピンギス手間のサイズまで。

キス釣りで釣果を伸ばすポイントは飛距離が出せるロッドや飛行が安定した天秤・針がかりの良い針が必須になってきます。

下記のポイントを参考にしてタックルを揃えて頂くと、よりキス釣りを楽しめると思いますので非是そろえられてみてはいかがでしょうか?

  1. 投げ釣りロッド
  2. 細いPEライン
  3. 飛距離が出やすいバランスの良い天秤
  4. 鋭利さを保てる鉤

今年のキス釣りは大矢野の近場でも釣果がでるシーズンになればと思っております★

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました